2009年05月09日

外壁塗装の豆知識

こんばんは、工務部の高橋です。

今日は、外壁塗装の際の下塗り材をご紹介致します。
最初の写真はエスケー化研さんの「水性ソフトサーフSG」
という下地調整材になります。
p_softsurf_sg.jpg

エスケー化研さんのホームページはコチラ

下塗り材といってもかなりの種類がありますが、この塗料は
微弾性があるため、旧塗膜に発生しているひび割れなどの下地に
生じている不具合を整える性能があるため、下の写真のような
モルタル外壁の場合に用いることが多いです。

モルタル外壁.jpg

ただし、下の写真のようなひび割れは、下塗り材だけではカバー
しきれませんので補修工事が必要になります。
モルタルクラック.jpg

補修の一例はコチラのブログでご紹介していますので
是非、ご覧になって下さい。


弊社アイジーコンサルティングでは、劣化診断といって屋根や
外壁の既存の状況を確認させていただいた上で、適した工事
仕様・工事方法
にてお見積もりを提示させて頂いております。

もちろん劣化診断やお見積もりは、弊社対応エリアであれば、
無料で対応させて頂いておりますので、外壁塗装屋根塗装
お考えの方は、お気軽に申し込み下さいませ。

外壁・屋根塗装はもちろん、ユニットバスなどのリフォーム
耐震診断、シロアリ防除に関することは、弊社春日井店など
最寄の営業所やショールームへお問い合わせ下さい。

弊社アイジーコンサルティングのホームページはコチラ
 





posted by kasugai at 19:17| Comment(0) | 外壁塗装・外壁診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。