2012年05月09日

チョーキング現象

ゴールデンウイークも終わりましたね。
皆さんは、どこか出かけられましたか??

私は、建築士の勉強を必死にしておりました。
夢でも構造の計算式が出てきます(笑)
独学でやっておりますが、心強いパートナーのおかげで勉強の成果も出てきて
最近は構造の問題にもなれてきましたよ!


そういえば最近、床下の点検でモンシロチョウを救出しました!!
写真はこちら

IMGP7520.JPG

IMGP7521.JPG

IMGP7549.JPG

こんばんは春日井店の柴田です。

さて、今日はチョーキング現象の話し
こちらの写真をご覧ください。

IMGP6503.JPG

IMGP6505.JPG

原因としては、雨や紫外線などによる経年劣化です。
皆さんの家の外壁面をこすって見てください。
上記の写真のように粉がつくようであれば
外壁面の防水性がない状態ですので、塗り替え時期のサインになります。

また、上記の状態を放置しますとサイディングのソリ返しやひび割れが発生し、雨漏れの原因になります。
また、塗装ではメンテナンスができなくなり、張り替えないといけなくなるとメンテナンス費用が大幅にかかる可能性があります。なので、早急なメンテナンスが必要になります。

我々、アイジーコンサルティングでは、建物の状況をしっかりと把握してもらうために、ビデオ診断を行っています。


動画なので、非常にわかりやすいとお客様から好評です。

ご希望にお客様は春日井店へお問い合わせください。
TEL0568-53-6550 担当柴田


posted by kasugai at 16:48| Comment(0) | 外壁塗装・外壁診断 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。